top of page

イライラ

更新日:2022年10月13日

2022/9


仕事もしている、子育てもしている年代だとイライラする時があります。

夫が思い通りに動いてくれない、子供が遊んでばかりで宿題に手をつけない、あるいはパソコンのやり方がスムーズにいかない、等々。

人ばかりか機械にまでイライラしてしまう。

そんな理不尽な思いにまで及ぶこともあるでしょう。


今日テレビで面白い会社を紹介している番組が目に止まりました。

食品の加工会社でしたが、なかなかユニークでした。

社員の方たちは、やめたくないと口を揃えておっしゃいます。


会社の方針

① 遅刻、欠勤は会社にいちいち連絡しない。

② やりたくない仕事はやらない。

③ 社員同士は、仲良くなってはいけない。

他にもあったかもしれませんが、その3つを覚えてました。


これらの方針のおかげで会社の効率が大幅に上がり、売り上げを伸ばしているそうです。

詳しい内情までは、もちろんわかりません。どの会社にも適用できるものでもありません。


ただ子供を持った主婦の方は、子供が風邪をひいて会社に行けないとか、朝から病院に連れて行きたいとかでも連絡せずに自由に動けるのでとても楽な会社だとおっしゃっていました。


社員同士も仲良くならないことで、派閥ができない利点があるそうです。

飽くまでナレーターの方のご意見です。


社員の自由を認めているという会社の印象です。


最初の話に戻しましょう。


夫や子供の自由を認めないとイライラします。なぜ分かってくれないのかと被害者になったような気持ちになります。

これは、相手を束縛することができないともがいている姿なのです。

視線は、もちろん相手のみに向かっていて狭い領域だけしか見えていません。

そのため相手の都合や、相手の気持ちといった部分がすっぽり抜け落ちて見えなくなっているのです。











閲覧数:17回

最新記事

すべて表示

どこに注目しているか

花粉の季節になり、目の痒みや鼻水等に悩まされている方も多いことと思います。 若い頃は、私もひどい鼻水に悩まされていました。年齢とともに鈍感化していくのでしょうか、多少の目の痒みはあってもその他の症状は、治ってきました。 若い頃、途中で気がついたのは、鼻水に注視しないで、上を向いてやり過ごすという方法でした。鼻水が出ることを気にすると何度も鼻を噛んで刺激を与えてしまうと思い、このやり方を独自にやって

嫌な事を言われた

クリスマスがやってきました。昨日のイヴでのご馳走がまだ消化されてない朝を迎えた方もいるのではないでしょうか。 食べ物の消化は時間とともに治っていきますが、嫌な事を言われたとか、電話先で不愉快な思いをしたなどといったことは、上手い返しができないとフラッシュバックして余計に嫌な気持ちを引きずることになったりする場合があります。 このような場面で上手い返しが、皆できるとは限りませんので、とりあえず持ち越

幸せと言いたい

そもそも幸せな人は、自分が幸せである事を人に触れ回ることはないでしょう。 何故なら幸せであることは、至極当たり前なことであり、その事を言葉にする必要がない位自然な事なのだからだと思います。 それを言いたくなるのは、目の前にいる相手に勝ちたいという思い、つまり相手を負かしたいという思いが、意識の中に絶対ないとは言えないのではないでしょうか。 意識が戦っていると、どの場面でも相手をねじ伏せようとしたり

Comentários


bottom of page