top of page

自分を責める

更新日:2023年9月23日

2023/7

相手を責めたり、自分を責めたりの枚挙に遑がない方もいます。

何故そうなってしまうのでしょうか?

人は、人とのコミニュケーションの中で生活しています。

一人暮らしの方でもスーパーへ行ったり、コンビニに行ったりで全然関わらないことはないかと思います。


人との関わりの中で、自分の方を向いているのか、相手の方を向いているのかで思考が変化します。

つまり、自分を基準に行動するのか、相手を基準に行動するのかで、真逆の思考になってしまいます。

〇〇したいと思って、自分を基準に行動すると迷いがなくスッと動けて〇〇したいが叶うでしょう。

しかし、〇〇したいと思っても、相手を基準にしている場合は、迷いが出ます。

どう思われるだろうとか、なんと言われるだろうとか、思考してしまいます。さらに、マイナスの感情が出てきて、マイナスの思考が始まります。これを繰り返していると、〇〇したくないになってしまうでしょう。


別の見方をすると、相手との距離が近いとも言えます。これは、実際の距離の場合もですが、想像の中での距離も含んでいます。頭の中に相手がいつも貼り付いていれば、それは相手が常にいるのと同じことなのです。


これが日常になってしまうと、恐怖の中で生活しているような状態が常態化してしまいます。


相手を基準にするというのは、一見思いやりのある行為にようですが、常態化するほどに、悪化してしまい、相手を責める、自分を責めるという流れを引き起こしてしまうのです。



閲覧数:2回

最新記事

すべて表示

どこに注目しているか

花粉の季節になり、目の痒みや鼻水等に悩まされている方も多いことと思います。 若い頃は、私もひどい鼻水に悩まされていました。年齢とともに鈍感化していくのでしょうか、多少の目の痒みはあってもその他の症状は、治ってきました。 若い頃、途中で気がついたのは、鼻水に注視しないで、上を向いてやり過ごすという方法でした。鼻水が出ることを気にすると何度も鼻を噛んで刺激を与えてしまうと思い、このやり方を独自にやって

嫌な事を言われた

クリスマスがやってきました。昨日のイヴでのご馳走がまだ消化されてない朝を迎えた方もいるのではないでしょうか。 食べ物の消化は時間とともに治っていきますが、嫌な事を言われたとか、電話先で不愉快な思いをしたなどといったことは、上手い返しができないとフラッシュバックして余計に嫌な気持ちを引きずることになったりする場合があります。 このような場面で上手い返しが、皆できるとは限りませんので、とりあえず持ち越

幸せと言いたい

そもそも幸せな人は、自分が幸せである事を人に触れ回ることはないでしょう。 何故なら幸せであることは、至極当たり前なことであり、その事を言葉にする必要がない位自然な事なのだからだと思います。 それを言いたくなるのは、目の前にいる相手に勝ちたいという思い、つまり相手を負かしたいという思いが、意識の中に絶対ないとは言えないのではないでしょうか。 意識が戦っていると、どの場面でも相手をねじ伏せようとしたり

Comments


bottom of page