top of page

長いトンネル

更新日:2023年6月4日

2023/6

悩みの中にどっぷりと使っていると、抜け出せないような気分になるでしょう。

心の中でつぶやいているのは、「どうすればいいの?」「誰か助けて。」「なんで?どうして?」などといった言葉でしょうか。

過去や未来は、暗黒のような気分になるでしょう。

なぜこのようなことが起きるのでしょうか。


私達の感情には、多くの情報が蓄えられています。過去の体験に基づいたものが全てという訳でもありません。

使われている脳は、数%に過ぎないと言われています。

残りの脳の九十数%は、表面化していないだけで、活動しているのです。

本当は、こちらの部分が多く、この部分に膨大な情報が隠されているのです。

感情は、情報なのです。

つまり感情を大事に扱うことは、自分の持っている膨大な情報を得るために重要なことなのです。


悩みの多くは、相手の言葉に傷ついたり、態度に傷ついたり、自分の失敗に傷ついたりすることによって引き起こされることがあったり、大事な人を失ったり、大事なものを失ったりすることによって起こる場合もあるでしょう。

他にも色々あるでしょうが、そこから立ち直れなくなるのは、自分でその状況に対処することができないということが大きな原因ではないでしょうか。


その状況に対処できれば、トンネルの長い暗闇から抜け出すこともできるでしょう。

そのために必要なのが感情です。

言葉に出しても出さなくても、相手を責めたり、自分を責めたりしていることが多いと悩みは尽きません。


様々な場合はあれども、まずは、自分は傷ついたということを自覚することです。

「私は、傷ついたんだ。」「私は、悲しかったんだ。」「私は、辛かったんだ。」

相手に伝えることができれば、伝えることは大事なことです。伝えられなくても、自分で自分を慰めてあげるといいでしょう。


このように、相手や自分を攻撃していた部分を、自分をいたわる言葉に変換することで、悩みの多くは解消されていきます。


感情は間違ってはいません。自分の感情の根底を見誤っているだけなのです。







閲覧数:3回

最新記事

すべて表示

どこに注目しているか

花粉の季節になり、目の痒みや鼻水等に悩まされている方も多いことと思います。 若い頃は、私もひどい鼻水に悩まされていました。年齢とともに鈍感化していくのでしょうか、多少の目の痒みはあってもその他の症状は、治ってきました。 若い頃、途中で気がついたのは、鼻水に注視しないで、上を向いてやり過ごすという方法でした。鼻水が出ることを気にすると何度も鼻を噛んで刺激を与えてしまうと思い、このやり方を独自にやって

嫌な事を言われた

クリスマスがやってきました。昨日のイヴでのご馳走がまだ消化されてない朝を迎えた方もいるのではないでしょうか。 食べ物の消化は時間とともに治っていきますが、嫌な事を言われたとか、電話先で不愉快な思いをしたなどといったことは、上手い返しができないとフラッシュバックして余計に嫌な気持ちを引きずることになったりする場合があります。 このような場面で上手い返しが、皆できるとは限りませんので、とりあえず持ち越

幸せと言いたい

そもそも幸せな人は、自分が幸せである事を人に触れ回ることはないでしょう。 何故なら幸せであることは、至極当たり前なことであり、その事を言葉にする必要がない位自然な事なのだからだと思います。 それを言いたくなるのは、目の前にいる相手に勝ちたいという思い、つまり相手を負かしたいという思いが、意識の中に絶対ないとは言えないのではないでしょうか。 意識が戦っていると、どの場面でも相手をねじ伏せようとしたり

Comentários


bottom of page