top of page

新居地

例えば引越しをしたり、新しく家を建てて移動したり、学校に進学したりなど新しい環境に変わることは誰しも経験した事があると思います。またこれから経験する事がある方もいらっしゃるでしょう。


慣れるまで不安だったり、孤独だったりもするかもしれません。

しかし自然に慣れてきます。適応力はそうした時ほど力を発揮します。

違う環境に身を置いた時、その環境に馴染もうとしたいのが生き残りたいという本能です。

誰しも群れたいと思うわけではないのですが、爪弾きにされたいとは思いません。


ご相談者のお話の中に爪弾きにされて辛いというお話も出てきます。

身体上の問題であったり、脳の問題であったり、電話でさっと解決できるものでもなく心が痛みます。家族であったり、介護者であったりの身近な人のケアが必要だからです。


話を戻しましょう。

新しい場所というのは、慣れずに緊張を強いられるのですが、暫くすると慣れてくるというお話です。


以前の会社は、生涯雇用というのが普通でしたが、最近の若い人は、能力に応じて会社を移るという海外の様式に変わってきています。

システム関連、IT関連が多いのかもしれません。

そうなってくると、意思を持った自己主張が必要になってくわけで、上に黙って従うというやり方は古臭いのは当然のことながら、圧をかけて従わせるというのは、論外になっています。


思いやりのある親に育てられた子供たちは、素晴らしい能力を身につけて多様性のある子となって羽ばたいていきます。


誰もが新居地で上手くやっていけるとすれば、若者たちにとって海外ではなく日本が魅力のある場所になっているのでしょうか。








閲覧数:2回

最新記事

すべて表示

どこに注目しているか

花粉の季節になり、目の痒みや鼻水等に悩まされている方も多いことと思います。 若い頃は、私もひどい鼻水に悩まされていました。年齢とともに鈍感化していくのでしょうか、多少の目の痒みはあってもその他の症状は、治ってきました。 若い頃、途中で気がついたのは、鼻水に注視しないで、上を向いてやり過ごすという方法でした。鼻水が出ることを気にすると何度も鼻を噛んで刺激を与えてしまうと思い、このやり方を独自にやって

嫌な事を言われた

クリスマスがやってきました。昨日のイヴでのご馳走がまだ消化されてない朝を迎えた方もいるのではないでしょうか。 食べ物の消化は時間とともに治っていきますが、嫌な事を言われたとか、電話先で不愉快な思いをしたなどといったことは、上手い返しができないとフラッシュバックして余計に嫌な気持ちを引きずることになったりする場合があります。 このような場面で上手い返しが、皆できるとは限りませんので、とりあえず持ち越

幸せと言いたい

そもそも幸せな人は、自分が幸せである事を人に触れ回ることはないでしょう。 何故なら幸せであることは、至極当たり前なことであり、その事を言葉にする必要がない位自然な事なのだからだと思います。 それを言いたくなるのは、目の前にいる相手に勝ちたいという思い、つまり相手を負かしたいという思いが、意識の中に絶対ないとは言えないのではないでしょうか。 意識が戦っていると、どの場面でも相手をねじ伏せようとしたり

Comentários


bottom of page